« 小惑星ベスタ | トップページ | 越冬失敗? »

2010年4月19日 (月)

家畜保健衛生所の検査立会い

今日は石川県南部家畜保健衛生所のミツバチの伝染病検査日で、休みを取って対応しました。

獣医さんが1人でこられ、全巣箱を開けて1枚ずつ検査していかれました。ミツバチの健康診断のような感じです。

担当エリアの石川県南部で、個人養蜂家の届出は4人だけだそうです。

皆さん越冬に苦労されているようで、昔は巣箱が雪に覆われた「かまくら」状態で越冬したそうですが、昨今は雪がないので、風対策が重要とのことでした。天文台の中に避難させれば良いのでは・・と言われましたが、それはちょっと。

診断結果は、越冬失敗の瀕死群は女王蜂が1つの巣穴に卵を2個産んでおり(無駄打ちと言うらしい)良くないので、強い群と統合せずに処分した方が良いとのことでした。女王蜂が年配のためらしく、業者なら薬殺するそうですが、どうしましょうか。

「年に2回検査のため、秋にまた参ります」とのこと・・・いい仕事だなー(笑)

|

« 小惑星ベスタ | トップページ | 越冬失敗? »

西洋ミツバチ」カテゴリの記事

コメント

三重県ではニホンミツバチの床下群の分蜂がありました。
東員町の方に差し上げました。

投稿: KOH | 2010年4月22日 (木) 02時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家畜保健衛生所の検査立会い:

« 小惑星ベスタ | トップページ | 越冬失敗? »