« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月30日 (金)

福岡県遠賀郡水巻町

201007300739 2年ぶりの博多への出張でした。
北九州市の博多寄りに遠賀川(おんががわ)があり、新幹線で行くとこれを渡りますが、この河口近くに水巻町があります。
北九州時代の昭和60年から平成元年までの4年間でしたが、なるべく田舎に住みたくて水巻町を選び、ここで次男が誕生し、現在の5人家族になって子育てした所です。

ハレー彗星を見て、平成もここで迎えた思い出深い町です。

昔は筑豊から直方、水巻辺りまでは日本一の採炭地で、この川で若松港まで石炭を出したのでしょう。
住んでいた辺りにもボタヤマが沢山あり、町の地下は蟻の巣のように坑道があり、地盤沈下も激しい町でした。後日判った事ですが、父親も終戦時はここで炭鉱員をしており因縁のあったところです。

水巻を離れて暫くして観たテレビで、水もきれいになったのでしょう、鮭が帰る南端の川だと言うニュースを見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

早春と初夏の蜜

Hotcakeimg_2863 毎日最高気温が更新される中、急遽ハチミツをしぼりました。

5月に貯蜜(さくら等)がいっぱいになり冷凍にしていた分と、それ以降初夏に貯めた蜜(柿等)をしぼりました。

4枚で7リットルほどありました。

秋の蜜と比較すると色は薄く、味はあっさり系の蜜で、それぞれ味も色も違い比べることができました。

暑い中、恒例のホットケーキで蜜を味わいました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

ブルーベリー

201007191640

ミツバチに受粉させたブルーベリーを作ろうと、巣箱前のプランターに2株植えてあったのが、小さな株に今年は2~3百粒程実をつけました。

毎日十粒ほど色づいて、夜に食べるのが楽しみでしたが、今シーズンもそろそろ終りです。

シーズン終盤の売れ残りの苗木が安くなるのを待って、株数を増やそうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

どうなんでしょう?

Photo1 金沢市某所にある「セキツイハウス」です。

多分整骨院なのですが、開業時に「○○整骨院」とかにしたく無いご主人が数ヶ月間考えあぐねておられたところ、奥さんが某社のCMをみて、これだ!と思い膝を叩いた名前に違いありません(笑)

市内には他にも、この手の看板がいくつかあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

オオスズメバチ襲撃第一波の予測

家から数百メートルの範囲の雑木林に、オオスズメバチ捕獲用トラップを7つ仕掛けてあり、先週まではたくさんの巣作り真っ最中のスズメバチ(女王蜂)が掛かっていたのに、今週は1匹も掛かっていません。

以下推測ですが

多分、越冬したスズメバチ女王が巣作りを完了させて、産卵育児モードに入ったからに違いないと思います。

ということは、ミツバチ同様に4週間で巣立つなら7月25日の週ということになります。

ちなみに昨年のメモをみると、7月26日に5匹駆除したとありました。

身近な自然の営みも、異常気象といいながらもピッタリ回っているんだと感心しています。

巣箱にスズメバチを生け捕りにする駆除器を取り付けて、迎撃体制を整えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自家製野菜

Photo ミツバチの蜜源用にレンゲを蒔こうと、200坪の休耕田を無料で借り受けたのですが地主さんからハチはダメと反対され、やむなく200坪の畑を作る羽目になり奮闘中です。

①まずはアスパラ。畑でポキッと折って食べる甘味はなんとも贅沢な味です。6株も植えて今年は収穫せずに株を増やし中なので、来年は一帯アスパラ状態になるでしょう。

Photo_4 ②加賀野菜の金時草(きんじそう)を2株植えましたが、切って(食べても)も切っても枝が出てきます。この季節の酢の物には欠かせない野菜です。

Photo_3 ③とうもろこし

ミツバチの花粉源でもあり20本ほど植えました。この季節の朝方に、両足に大きな花粉団子にして運んでくる淡黄色の花粉は、一帯で沢山自家栽培されている、とうきび花粉だろうと思います。

Photo_2 ④キャベツ 

無農薬なので、まさに虫食い状態です。アオムシに勝って、一人前のど根性キャベツになれるのか観察中です(笑)

他にもトマト、キュウリ、かぼちゃ、スイカと冬に味噌と豆腐を作ってみたく大豆を沢山植えてあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »