« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月27日 (月)

眠り猫

201001012012 今日、出張から帰ったら「チビ」が交通事故で、家の前で死んでいたとのこと。

これで2代続けての交通事故死です。

2年前に捨て猫の仔として天井裏で産まれ、壁の間へ落ちて壁を破って救出した猫でした。

300mほど離れた畑にも犬のように付いてきて、帰るまで待っている猫でしたが残念です。(合掌)

※写真 今年の正月にコタツで財布を枕に寝ている様子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

ハゼ釣り

201009261122 桑名市は木曽川、長良川、揖斐川の木曽三川の河口が集まっており、この時期はハゼ釣りで賑わいます。
息子に誘われて揖斐川河口にいますが、秋晴れの中で気持ちが良いですが、あたりも無くなり飽きてきました。
写真は河口にある東海道桑名宿と名古屋の熱田神宮を船でむすんだ七里の渡し場と長島温泉方面です。

釣果はハゼ3匹とスズキ稚魚(15センチ)の4匹のみ。面倒ですが、夕飯で天ぷらでいただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

畑も季節替わり

201009191204 猛暑の夏も終り、畑のスイカやカボチャのあとに冬野菜を蒔きました。

ダイコン、サラダ菜、白菜、ほうれん草等など。

長期間休耕田だった所は良く実るそうで、作柄は上々でした。

ナスは夏に手入れをすると秋ナスが沢山なり、7月から4ケ月ほど収穫できます。

来月には空いている半分にレンゲ種を蒔き、春はレンゲ蜜を味わいたいと目論んでいます。懲りずに種を3㎏注文しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年初のスズメバチ襲来

201009191251 週末は会社の人たちが来て、冷凍しておいた春の蜜と、今日巣箱から出した蜜を搾りました。

今年はまだ20枚(40kg程)の貯蜜巣枠があり、全部1人で搾るのは結構重労働です。

今日は天気も良く、お子さんも多かったので賑やかに、ホットケーキパーティーでした。

ホットケーキやパンにハチミツをかけて、アイスクリームのトッピングが合ってとても美味しかったので、次回もこれでいってみます。

今年は来ないと思っていたオオスズメバチが急に飛来し始めました。しかも結構な数で、今日一日で20匹近く「ハエタタキ」で駆除しました。

昨年は7月末から来ていたので、今年は1.5ケ月の遅れです。

早朝の飛来が多く、朝に巣箱前で千匹ほどの犠牲が出ていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

みつばち腐蛆病の検査

今朝もまだ、山で滑落した夢で目が覚めました(笑)

今日、蜂を飼い始めて2回目の家畜衛生保健所による伝染病検査がありました。

特に問題はありませんでしたが、蜜が溜まりすぎて産卵スペースが少ないため蜜を搾って巣を空けた方が良いとのコメントがありました。ざっと40kgほど溜まっていると思います。

今月末からは萩の花が咲くので早く搾らないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

やっと下山

今日は予備日で会社へ休日申請していましたが、週末挟みとは言え4日目の休みなので

5時半に西穂山荘の朝食をとり、新穂高ロープウェイの始発で新穂高温泉まで降りて、予約しておいたタクシーで平湯温泉まで下りました。

4日間で26時間ほどの行動時間となりました。

平湯温泉で黄色く濁ったお湯につかり、13時に会社へ戻りました。

振り返ると、よく無事で戻れたなぁというようなコースでした。もう二度と行きたいとは申しません(多分・・)

〔今回分かった事〕

①山の事故は多くの人に迷惑を掛けるので、安全優先で計画する。

②穂高連峰の、間ノ岳付近の赤い岩は全体がもろく、落石、滑落の危険が高い

③落ちれば一発アウトの切れ落ちた岩場で、10cmほどの岩に足を乗せ、岩の隙間に手を差し込みながら移動しても怖くなかったこと。しかし両端が切れ落ちた幅1.5mほどの岩場では「四つんばい」にならないと恐怖心で通過できなかった

④4月からのジム通いが、明らかに筋力アップにつながっている

⑤アリナミンAは翌日に疲れを残さない

⑥ズボンの下は、ノーパンが歩き易い

※マイフォトに【山行】穂高縦走をアップしました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

穂高縦走(3日目)

夕べは岩稜から滑落する夢を3回も見て、熟睡できませんでした。

オリオン座が西に傾き始めている、日の出前の4時半に穂高岳山荘を出発し、12時間も岩にしがみつき、4kmほどを縦走し、やっと西穂山荘に着きました。

途中は二度と来ないだろう峰々で景色に見惚れたり、滑落者のサポート等で12時間も掛り、ロープウェイ最終に乗る予定でしたが下山できず、西穂山荘に泊まりです。

滑落事故が多いのか、今日は救助ヘリが5時間待ちだそうで、おばさんは10時に滑落し、顔打撲と足首骨折らしいのですが救助ヘリは15時過ぎだそうです。昨年は救助中の墜落事故もあり、ガスがかかれば接近もできません。

生命の危険が無ければ翌日回しもあるそうで、食料や防寒装備も意識しておかないといけません。

※マイフォトに【山行】穂高縦走をアップしました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

穂高縦走(2日目)

Photo

昨日泊まった岳沢小屋を6時前に出発し、奥穂高岳山頂を目指しましたが、道草グセがつき標準コースタイム5時間のところを倍ほどの時間を要しました。
最高の山日和の天気で白山まで望めました。途中の奥穂高岳山頂から、延々と続く明日歩く峰々が見えて興奮しています。
明日はいよいよ北アルプス最大の難所が続く西穂高岳まで、10時間を目標に縦走します。
今日の穂高岳山荘は満室で1畳に2人です(笑)

※マイフォトに【山行】穂高縦走をアップしました

〔写真説明〕

奥穂高岳山頂から見る縦走コースです。正面のピーク(ジャンダルム)から左へと続いて見える尾根を縦走します。僅か4km程の縦走路ですが標準タイムは岩塊と奮闘しながら7時間程です。

〔SさんがYouTubeにアップした映像〕

http://www.youtube.com/watch?v=2iYAE2yDAl4

http://www.youtube.com/watch?v=98LVxjLid6Q

http://www.youtube.com/watch?v=hrl3v66DKjo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 3日 (金)

憧れの穂高連峰縦走

20100903_2

今日は金曜日ですが休みを取って、Sさんと平湯温泉に集合してタクシーで上高地まで行き、奥穂高岳に向かうため、途中の岳沢小屋に泊まっています。

明日は北アルプス屈指の急登を登り、奥穂高岳直下にある穂高岳山荘まで向かい、明後日は待ち焦がれた穂高連峰を縦走します。

※マイフォトに【山行】穂高縦走をアップしました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »