« 今年最後の採蜜と冬支度 | トップページ | オオスズメバチホイホイ »

2010年10月31日 (日)

秋のひととき

Photo

Photo_2 今日の午前中は穏やかに晴れて、巣門を飛び交うミツバチの羽根音もうるさく活気がありました。横で覗き込んだり、出入りの様子をながめていると、すぐに時間が経ってしまいます。

しかし、今週末はオオスズメバチの攻撃は熾烈さを増し、今日だけで15匹をハエタタキで落としましたが、ミツバチにも千匹程の犠牲が出ました。

ミツバチは噛まれて死なない程度のダメージを受けるため、巣門の前に動けない蜂の山が出来ます。また、足を噛み切るためか、おびただしい数のミツバチの足が散乱します。

今の時期は越冬するのに蜂数を増やさないと、冬に巣箱内の温度が上げられなくなってしまうため、大事な時なのです。

今咲いているセイタカアワダチソウの花粉を育児のためにせっせと運び込んでいます。

被害にあったミツバチで腹いっぱいになったのか、メタボ蛙がいました。

|

« 今年最後の採蜜と冬支度 | トップページ | オオスズメバチホイホイ »

西洋ミツバチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋のひととき:

« 今年最後の採蜜と冬支度 | トップページ | オオスズメバチホイホイ »