« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

吹雪のいしかわ動物園

F1000048

F1000045 大雪警報が出ているなかを里山散歩をしようと家を出ましたが、近くのいしかわ動物園で朱鷺が見たくなり吹雪の中で園内散歩をしてきました。

殆どの寒がり動物は展示を中止しており、駐車場には4台しかなかったので広い園内をユックリ回ってきました。

朱鷺は親鳥4羽と産まれた8羽の12羽が分散飼育されています。3月が繁殖期だそうで朱鷺色の淡いピンクに首筋がグレーの婚姻色がでていました。

飼育ゲージに設置されたカメラを遠隔操作して、大型モニタに見たいところをズームできるようになっています。モニタ経由とはいえ、加賀友禅の淡いピンクのように優雅ないろです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月29日 (土)

雪に埋もれてミツバチ越冬中

Photo

Photo_2

今年の加賀地方は降雪が続き、夕べからの雪で巣箱がすっぽり埋まっています。

巣箱はもう少し暖かくなるまで開けれないので中の様子は覗けませんが、みんな暖めあって無事に冬越しをしているのでしょうか。

梅の花が咲くまで、あと2週間ほどの辛抱です。

強群だった方の巣箱の前に多くの死骸が出されていました。巣箱を清潔に保つため、死骸は小さくした出入り口から咥えて出してきます。暖かい季節では咥えて飛び立ち遠くに捨てに行きます。

晩秋には巣箱を追い出され、巣箱には居なくなったと思っていた雄蜂の死骸もあり、強群は冬の間も雄を養っているようです。

ミツバチの寿命は繁忙期では1ケ月、越冬期は4ケ月程だそうで、死骸は越冬中に寿命を迎えた秋前に産まれた蜂たちです。

秋産まれの蜂が越冬して早春の蜜を集め、爆発的に増える春の育児をサポートします。

昨年末に出し忘れていた養蜂届けを石川県南部家畜保健衛生所に郵送しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

ブレンダーズバー

F1000039

ここも週末の通院前日に寄って来た、南青山にあるニッカウヰスキー直営のバーです。

ニッカウヰスキー本社ビルの地下1階にあります。

私は特別にウイスキーが大好きだったり、うん蓄を語ったりすることは無いのですが、昨年末に飲む機会があった「余市」が美味しかったのと、唯一東京に直営のバーがあることが分かり寄ってみただけなんですけどね。

案の定、余市の10年と15年の味の違いは感じますが、どちらが美味しいんでしょうねぇ(笑)

新橋で賑やかにやるのもよいですが、バーテンダーとの味や香りの好みのやりとりで出してもらうウイスキーも格別な事を知りました。

大変リーズナブルで、ウイスキーのお好きな方にお勧めできる雰囲気のよいバーです。

http://www.nikka.com/start/bar/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

靖国神社

Img_3311  週末は2ケ月毎の東京への通院日だったので、宿泊して都内散歩してきました。

数年ぶりに靖国神社へ行ってきましたが、ほぼ有史以降の戦争資料の展示があります。

人とは、よくも懲りずに歴史を活かさず、争いを繰り返すのかと呆れもします。

近代戦史の特攻隊あたりの遺書は勿論、展示物には無念さも伝わり、何度行っても泣けてきます。

今の平和も、とてつもない多くの尊い人命と引換えに成り立っていると感じます。

例年参拝問題がニュースになりますが、国のトップが不戦の誓いと鎮魂に出向かなければ、戦地で亡くなった多くの人々は報われません。

対戦国の悲惨さは触れられていませんが、原爆ドームとともに、親子で訪ねておくべきところだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

謹賀新年

Img_3252 本年も宜しくお願い申し上げます
今年の抱負は・・まだ纏まっておりません(初笑)

サラリーマンもあと1年半程ですし、仕事と遊びに精を出したいとは思っています。
残りの人生のために、自分を磨くのも大事でしょうか。

今年は一人で実家におり、寂しいお正月です。
昨夕にブックオフからしこたま本を買い込んできて、銀座のママが書いた「生き残る男の条件」を読んでいますが、男性著者と視点が違い面白いですね。

正月は本と日帰り温泉でマッタリします。

〔写真〕
昨日(大晦日)撮影の白山比咩神社です。
雪が降り参拝者もまばらで、荘厳な感じがしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »