« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

超大型パソコン

1000067 本日導入した、超大型パソコンです(笑)

会社の人から自作PCを譲ってもらい、モニターはAmazonでLEDの新品が10,800円でした。

我が家は壊れるまで使う方ですが、壊れないので沢山のパソコンがあります。

よって、どれも5~8年近く前の機種ばかりです。この超大型もWindowsXP(Pentium4 3GHz/メモリ2GB)と若干旧式ですが、画像処理用に活躍してくれるでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

地球の吹き出物

1000066 某所へ出掛けたときに、新燃岳の火山灰を、珍しいでしょうからと頂きました。

確かに石川県でこれを持っている人は118万人のうち五十人もいないかも知れませんけど・・。

砂時計の砂粒より大きく、指で摘むと細かな埃がたちます。降灰地域の方々は灰の量も恐怖ですが、これが厄介なんだろうとお察しします。

まだ試していませんが、磁石にも反応するそうです。数億年(?)もマグマでいたからでしょうか。

金沢の「丸八製茶の加賀棒茶」と「中田屋のきんつば」と交換しました(笑)

楽しい時間をありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

M1(メシエ1)

M1img_34112 M1といっても、漫才グランプリではなく「メシエ1」と呼ばれる天体で、メシエが230年程前に作成したカタログ1#の星雲です(笑)。ボンヤリしている天体がM1です。

おうし座にあり、かつての超新星爆発の残骸で拡散しています。
解像度が良ければ、飛び散った水滴のような形状で写り、それが甲羅状なことから「かに星雲」とも呼ばれます。距離は7200光年です。

写真はヘタクソですが、天文台の屋根を開けて被写体を捕らえ、シャッターを押すまで10分程しか掛りません。

天体写真がスナップ写真感覚で撮れるシステムでお気に入りです。

ピント出しが上手にならないと・・・(泣)

[撮影データ]
2011年2月22日
VIXEN/R200SS直接焦点撮影
キヤノンEOS-KissDN

ISO200で6分露出(ノイズリダクションOFF)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

夕空の国際宇宙ステーション(ISS)

Issimg_3386_2 加賀地方は昨日から快晴が続いています。

夕焼けが残る18時19分に国際宇宙ステーションが金沢上空を通過するので、手取川の辰口橋付近で現れるのを待ちました。

先日ドッキングした補給船「こうのとり」がまだ繋がったままだと思います。

目視で目の当たりにすると、28,000㎞/hの移動体同士がドッキングする技術にも驚嘆します。

高度350kmを飛行しており、電池パネルや船体が太陽光を反射して輝いて見えます。

南空のおおいぬ座のシリウス(-1等星)、西空の木星(-2等星)に匹敵する明るさで、で約3分程で通過します。近くに見える感じがして、搭乗員に手を振りたくなります。

それと、予報時刻通りにドンピシャ来るのが良いですね。

肉眼だけで一番星くらい明るく見えるので、大都会の方でも是非見てください。

※あなたの地域で見える日時は?「国際宇宙ステーションを見よう」→[検索]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

自然素材のスペシャル美容クリーム

1000063 ミツバチの巣は、自ら作り出す蝋(ロウ)で作られており、昨年その巣クズを精製して蜜蝋を作りました。
使う当ても無く放置したままでしたが、欲しい方が居られ差し上げたところ、自家製「スペシャル美容クリーム」を作られて2個頂きました。
少し硬めですが伸びがすごく良くて、使用感にもそれとない高級感が漂います。
原料は「蜜蝋」と確か「ホホバオイル」「ココナツオイル」と言われていたような・・。調合、製法は秘密(?)というか、メモをとらなかったので忘れました(笑)
何れも天然原料のためリップクリームでも使えるとのこと。
50代の男の肌にも効果があるのか評価してみます(笑)

次回は「練り香水」にもチャレンジされるそうで、出来上がりが楽しみです。

※マイフォトの「【ミツバチ】蜜蝋の精製」と2010年11月14日のlogをご参照ください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

煙突掃除

1000059 ぼろい我が家は薪ストーブが主力暖房なのですが、昨日辺りから風も弱いのに煙が逆流したりするので、今朝から煙突掃除をすべく外して覗いてみてビックリ!

かなり重症の動脈硬化になっていました(笑)

昨年までは週末しか焚いていませんでしたが、今年は異常な寒さで12月から今日まで連日12時間焚き続けていたので、こんな状態になったんですねぇ。

空気の吸い込みも、煙の勢いも俄然強くなり快適になりました。あと1ケ月半ほど働いてもらいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

おぼろ月夜(朧月夜)

Img_3358

Img_3373

満月を1日過ぎた今日の月は、19時前にほぼ真東から昇ります。

加賀地方は風が冷たいものの良い天気で、春霞には早いですが、鶴来の山から少しかすんで昇ってきました。(写真上)

西空では木星が沈んでいきます(写真下)

〔出展:ウィキペディア〕

朧月夜(歌曲)は昭和23年以降、平成になっても小学校6年生の音楽で唄われているのだそうです。現在の小学生には、この佇まいを浮かべて唄うことは難しい時代になってしまいました。

1.菜の花畠に、入日薄れ
  見わたす山の端(は)、霞ふかし。
  春風そよふく、空を見れば、
  夕月かかりて、にほひ淡し。

2.里わの火影(ほかげ)も、森の色も、
  田中の小路をたどる人も、
  蛙(かはづ)のなくねも、かねの音も、
  さながら霞める朧月夜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

少し心配

F1000046

F1000048 ミツバチ2群が雪囲いの中、北風吹きつける屋上で越冬中ですが、暖かかった先週末に心配な方の巣箱を覗いて見ました。

越冬前は蜂を詰め込む事で、巣箱内温度を保てて蜂も温々と越冬できる環境を維持できて、春の産卵も早春から始ります。

強群は1万匹ほどで越冬開始し巣箱から出入りしていましたが、もう一方は3千匹ほどだったので無事に冬越できるか心配していました。

巣箱を覗いて見ました(写真下)が、蜂数も少ない感じで息を吹きかけても、どの蜂もピクリとも動きません。巣箱内は20℃程を保っているはずですが、セットしてある温湿度記録計の巣箱内最低温度が0℃の日もあります。

うーん全滅しているのでしょうか・・。もう少し暖かくならないと巣箱は開けられません。

昨年の経験からでは、寒さで女王蜂がダメージをうけると春に群れの復活が難しく、私の技術では救えずに2群とも全滅してしまいました。

蜂共々に春を待っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

ささやかな歓び

F1000056

F1000050 石川県加賀地方は青空が広がり、最高気温が10度近くになりました。

もう晴れるだけで気持ちが弾けて嬉しいんです。冬季に晴天のところに住んでいると、この嬉しさは理解し辛いかも知れませんね。

という訳で貴重な1日、朝からミツバチ巣箱の様子伺い、里山散歩、雛人形のセッティングなど慌しかったです。

里山ではウサギの足跡、キツツキの槌音、木々のザワザワ音などが幸福感を満たしてくれるものですね。小さな幸福感のツブツブも数が集まれば、大きな満足感になりそうな気がしてきました。

[写真上]

久々の青空で、とても気分がいいです! 里山の斜面では親子でソリ滑りをしています。

[写真下]

ミツバチ巣箱前に出ていた雌雄の死骸。

左の大きい方が雄蜂です。毒針は無く刺せません。女王蜂に事故があったときに新女王との交尾のためだけに居り、普段は働き蜂から蜂蜜をもらう、「ヒモ」のような存在です。

右が雌蜂(働き蜂)です。もう慣れましたが、手を刺されると3日間ドラえもんの手状態です。

女王蜂も同じく雌ですが、もう少しヒップが丸くて大きく魅力的な容姿です(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

凛とした冬の空

M42img_3323

Img_3325 星を見るのに都合が良いのは月明かりが無い、新月の前後です。

北陸では今日のように、新月で且つ晴天のことは年に何回も無いため、ジムも早々に切り上げて帰宅しました。1ケ月ぶりに天文台の屋根を開けました。

気温も4.5℃もあり、東の空にはしし座やおおぐま座が高く昇り、夜空は一足早く春を迎えています。

〔写真上〕

オリオン座大星雲。オリオン座の3つ星に下側に、ぼんやりと肉眼でも簡単に見える星雲で、距離はたった1300光年です(千三百年前は日本は何時代?)

アマチュアが確認できる銀河系外の星雲には6千万光年!以上も離れたものもあります。猿人類が現れて300万年程なので、6千万年前ってまだ恐竜時代?

この星雲の中ではガスから新しい星がうまれています。

〔写真下〕

自作グッズの中でもお気に入りの、時計照明用スタバカップのLED電球傘です(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

至福のひと時?

Img_3319_2

Img_3320_2

明日の最高気温が8度の予報で、ミツバチが巣箱から飛び出す気温です。巣箱の前には昨日までの雪がどっさり積もっています。

ミツバチは雪の上に着地すると体温が落ちて動けなくなり死んでしまうため、急遽21時からの雪かきとなりました。過保護でしょうか(笑)

一息つきながら空を見上げればオリオン座などの冬の星々が輝いており、至福のひと時でした。

◆星座線入り写真

〔写真上〕

オリオン座と、オリオンの足元でちょこんと飛び跳ねるうさぎ座です。

狩人オリオンは右手にこん棒を持ち、おうし(牡牛)座を狙っています。

〔写真下〕

狩人オリオンの猟犬、おおいぬ(大犬)座です。すぐ近くにはこいぬ(座)もいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »