« 気になる記事 | トップページ | 二日月 »

2011年4月 3日 (日)

やはり越冬は失敗

屋上で飼っている西洋ミツバチ2群が越冬していましたが、巣箱を開けてみると2群とも巣箱底で死んでおり、2年連続で越冬に失敗していました。

同じことを繰り返す結果になり、1年可愛がった蜂たちには大変申し訳ない気持ちです。

蜜も残っており幸い餓死ではありませんでしたので、長い寒さに耐えられなかったのかと思います。

思い当たるのは、2月に1日だけ15℃を超えた日がありました。その夜に巣箱の前だけで五百匹以上の死骸がありました。飛んで行った先で死んだ蜂も含めると数千匹が死んだと思われます。

暖かさに誘われて飛び出して、夕方急に寒くなり戻れなかったのでしょうか。

冬のあのような日は巣門を閉じて出られないようにしておかないといけなかったのか・・。

北風が直接吹き付ける屋上では、木で囲い断熱する程度ではダメそうなので、ペット用の電熱マットなどが利用できないか、考えてみます。

|

« 気になる記事 | トップページ | 二日月 »

西洋ミツバチ」カテゴリの記事

コメント

いっせいさんのがっかりした様子が伝わってきました。残念です
自然との駆け引きなんですね
気が早いですが、今年は越冬できますように。
応援してます。

投稿: まめ蔵 | 2011年4月 3日 (日) 23時16分

難しいのですねぇ ミツバチの越冬って 
暖かいと冬なのに外に出てしまうのですかぁ
なるほど 北海道だったらもっと寒いから 
きっと無理なんでしょうねぇ
よく いちご育ててるハウスでミツバチ借りてるって聞きますよね 
自分で育てるのは大変だから 
みんな借りてるのかもしれないですねぇ
o(*^▽^*)o なるほどです

投稿: ルッコラ | 2011年4月 3日 (日) 23時55分

残念・・・
今年の冬は平均気温は低くはないそうで、暖冬と聞きました。
でも、ハチの越冬には冬の平均気温より、その日、その日の気温が大切なんでしょうね。
今回は残念でしたが、得られた知識が次回に反映されるコトを願っています。

投稿: あたし | 2011年4月 4日 (月) 08時35分

まめ蔵さん こんばんは。

今年は例年にない積雪予報だったので、気候に合わせた対策が必要だったのだと反省しているところです。
来年は、苦労して越冬した蜂とともに春を迎えたいと思っています。

投稿: いっせい | 2011年4月 4日 (月) 17時37分

ルッコラさん お久しぶりです。

北海道の養蜂家は、北陸の比では無いほどご苦労されているようです。
小屋の中に避難されたりしておられるようで、屋外での越冬は無理だと思います。
花の季節は7月でしょうか? 本州の養蜂家は花にあわせて蜂とともに北上して、北海道でシーズンが終わります。

受粉用のミツバチもご自分で飼育されている方がおられますが、ミツバチは「家畜」なので結構手を掛けてあげないといけません。

投稿: いっせい | 2011年4月 4日 (月) 17時40分

あたしさん こんばんは。

本当に無念です。
越冬の他にも増群などの技術修得もしないといけないので、今年はしっかり勉強ですね。
嫁入りミツバチ群の巣箱を開けて、上に手をかざすと、もわーっとした暖かさを感じます。
この位の温度を冬場でも保つには、それなりの方法を考えないとダメなのでしょう・・。

今年の嫁入り群は気が強く、刺されまくりです(笑)

投稿: いっせい | 2011年4月 4日 (月) 17時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やはり越冬は失敗:

« 気になる記事 | トップページ | 二日月 »