« メイド・イン・スウェーデン | トップページ | 宇宙酔いの古川飛行士 »

2011年6月14日 (火)

うずまき銀河(M101)

M101img_3787

おおぐま座にある2250万光年!先にある銀河系外星雲です

見掛けは大きいのですが暗いので見づらい天体です。次回はもう少し露出してみます。

[天体データ:天文年鑑2011]

距離:2250万光年 大きさ:19×18万光年 写真等級:8.3

[撮影データ]

2011.06.03 3分露出×2枚コンポジット処理

高橋製作所EM200赤道儀+VixenR200SS望遠鏡

コマコレクターレンズ3+光害カットフィルター

|

« メイド・イン・スウェーデン | トップページ | 宇宙酔いの古川飛行士 »

星空観望」カテゴリの記事

コメント

星って沢山あるんですね。
千葉に居た頃は夜空に沢山の星が見えたのに
東京に来てからは、すっかり空も見上げなくなりました。
○○流星群があるという時も
東京ではほとんど見えません

投稿: あたし | 2011年6月14日 (火) 09時46分

あたしさん こんばんは。
星の数ほどあるんでしょうね(笑)
銀河の渦や、ボンヤリとした天の川も、全部星の集団ですからね。
肉眼で見える星の数は6千個程のハズです。日本からは北半球分しか見え無いので、そのまた約半分ですね。
古代の人たちは娯楽も無く、毎日星を眺めてその配列で物語を作っていった様子が浮かびますね。

東京も節電で星も見えるようになったとか。ずーっと続いてくれればいいですけど。

投稿: いっせい | 2011年6月14日 (火) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うずまき銀河(M101):

« メイド・イン・スウェーデン | トップページ | 宇宙酔いの古川飛行士 »