« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

水飲み場

F1000178

蒸し暑くなり始めると、蓮を植えている常滑焼の甕にミツバチが沢山集まって水飲み場にしています。

巣箱の中で打ち水をしたりするのだそうです。

蜜源の位置は方向と距離をお尻をフリフリして教えあい、皆がその場所へ向かう習性がありますが、水もそうなのか他の場所に水をおいても寄り付きません。

-----------------------------------------------------------

Starweek2011_2

本サイトは「スター・ウィーク2011」に協賛しています。
----------------------------------------------------------

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

がっかりな採蜜

Puref1000173   西洋ミツバチの飼育は結構な労力とノウハウが必要ですが、私の管理不足で女王蜂が長期間不在になった群の働き蜂まで産卵を始めてしまいました。

ノウハウ不足と他の健全な群に悪影響を避けるため巣箱を撤去し、巣箱の中の蜜を全部搾りました。

今年の春から初夏までの間に貯めた蜜がバケツで1.5杯程ありました。

ミツバチ達には申し訳ない事をしてしまいました。

Pure2f1000196_2

巣箱には1匹の女王蜂と数万の働き蜂(どちらも同じメス蜂)と少しの雄蜂で1群をなしています。

女王蜂のみ産卵し、同じメスの働き蜂も産卵してしまわないように女王がフェロモンを出して産卵を抑制しているのですが、女王が長期不在になりフェロモン切れで働き蜂が産卵(無精卵)を始めてしまったのです。

無精卵からは全部オス蜂が産まれ、何れ群は全滅してしまします。

女王が不在になったのは、受精飛行でツバメに食べられたのではないかと推察しています。

-----------------------------------------------------------

Bl_5

本サイトは「スター・ウィーク2011」に協賛しています。
----------------------------------------------------------

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木)

暑中お見舞

Img_1340_5

いつも稚拙なサイトへお越し下さり ありがとうございます

夕方にはひぐらしの鳴き声も聞かれます

あと暫くの辛抱で秋の風になりますよ    2011年盛夏

[2008年7月 美瑛の丘にて]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月20日 (水)

~つながろう七夕 よみがえれ天の川~

Bl

タイトルは伝統的七夕ライトダウンキャンペーンのスローガンです。

七夕に寄せる想い、夜空を見上げた感想、呼びかけなどを
「ひとことメッセージ」で募集しておりますので、短冊にして星に願

掛けをしてみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

星空散歩

Img_3860

今日は月夜の晩でしたが、雲のように横たう天の川を観ようと、17時過ぎに取り敢えず白山方面に向けて家を出ました。
この辺りは途中に温泉が沢山あり、旧吉野谷村のお気に入り温泉に浸かりまったりしました。
瀬女(せな)高原スキー場の駐車場で、美味しい珈琲を飲みながら寝っ転がって日没を待ちましたが、至福の時間です。
夕方のせいか、人工衛星が良く飛び交う日で、うしかい座のアークツルスが一番星で見え始めます。
空の暗い場所では街中のようにポツポツ見え始めるのではなく、星々がワッと見え始めます。
双眼鏡と星図持参で月明かりが邪魔をしない21時頃まで、久々に星空散歩を愉しみました。

写真は銀河系中心方向の射手座、たて座方向で、暗黒星雲が四方にクネクネと広がり、天の川の光を遮っているのが分かります。

[撮影データ]

2011/07/17 20時08分(瀬女高原スキー場P3駐車場)

キヤノンEOS/KDN(EF-S18㎜ f4.5)で固定撮影

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

囲炉裏

F1000189

我が家は旧い木造母屋と鉄筋3階建建屋が1階で繋がった12LDKで、両親と単身赴任中の私、それにネコ1匹にミツバチ5家族で住んでいます。

秋までに部屋数減と二世代住宅に改築中なのですが、今朝床板を剥がすと床下から50年ほど前まで使っていた囲炉裏が出てきました!

安山岩(金沢で産出する戸室石?)でしょうか水色のきれいな石で、粗削りのままの組み石で、本格的な囲炉裏です。

捨てるのが惜しく、3階のベランダに移設してバーベキューコンロとして使うことにしました。

11月までに薪ストーブ2台の設置に伴い、2台分の炉台もレンガ組みしないといけないので、忙しくなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

もう4ケ月、まだ4ケ月。

Photo
昨日、金沢から仙台へ来ました。
これまでは夜の移動が多くて、景色を眺めた記憶が余りありませんが、のどかな風景が続きます。
福島に近づくにつれて屋根にブルーシートが目立つようになります。
到着前に黙祷を捧げて、福島、宮城県へ入りました。
車窓からみえる、この大地を揺らした途方もないエネルギーはどこに潜んでいたのかと思います。
まだ4ケ月です。これからも長い期間応援していかないといけないのですが何が必要? 何をすればいいのでしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月12日 (火)

限定20本

Photo 近所の週末カフェに、我が家のハチミツをおいていただけることになり、20本をお渡ししました。パッケージはご主人製作でなかなか素敵です。

例年ハチミツは友人と親戚で消費していましたので、蜂くん3年目の初サラリーです。

里山とみつばちに感謝しつつ、ご主人様が美味しいものに使わせてもらいます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

気分は電車

F1000184_2 

翌朝からの用事で東京へ移動中ですが、電車な気分だったので、何時もなら上越回りなのですが、地震が怖くて東海線回りにしました。

外は暑そうですが車内は快適ですし、何より私には良いアイデアが閃く場所でもあります。

6時間程なら余り苦になりません。

明後日は大阪、明明後日は仙台ですが今週の出張は全部が電車で移動です(笑)

※写真は岐阜県大垣市の長良川鉄橋から眺める養老山地です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

朝を迎えたクラヴィウスクレーター

201107102036 24時間経ち、クレーター底にも日が差し始めました。

クレーター外輪の影を見ると、急峻な峰が続いているように見えます。

[撮影データ]

2011/07/10 20時36分

西村製作所20cm反射赤道儀(2×バーローレンズ(焦点距離3600mm))で撮影)

ToUcampro/CCDで撮影し、Registax5.1とステライメージで処理

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クラヴィウスクレーターの夜明け

201107092040

昨夜は雲が常時流れて、屋上から眺める白山の方は雷のようでした。

20時30分過ぎに雲の切れ間から、動画で5分間程撮影でき、Registaxでスタックした画像です。

画像右上の、クレータの周辺の峰に朝日がさし始め、底はまだ暗い大きなクレーターが「クラヴィウス」で、直径が225kmあります。

[撮影データ]

2011/07/09 20時40分

西村製作所20cm反射赤道儀(直焦点撮影)

ToUcampro/CCDで撮影し、Registax5.1とステライメージで処理(難しい:泣)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

はえ座

Photo_2

はえ座が気になりチェックしてみました。

Wikipediaなどでは、17世紀頃にはなんと「みつばち座」「はち座」となった時代もあったようですが、最終的にはこの星座の南側にある「カメレオン座」が狙う「はえ座」だと言う説に納得しました。

画像はケアンズで観える今日の20時ころの「はえ座」です。

当時の人たちの想像力には感心してしまいます。何故みつばち座ではダメで、はえ座でなければいけなかったのか気になりますね(笑)

※アストロアーツ社のステラナビゲーターver.8で表示しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 7日 (木)

今日は七夕ですが・・

Dscf0008

加賀地方は、低く雲が垂れこめています。本当に七夕の日は雨が降る特異日ではないかと思います。

詳しく知っている訳ではありませんが、星座や星にまつわる話は見た目と違い、ドロッとした人間臭い物語だったりします。美談は七夕くらいしか知りません。

星にまつわる話は、かつて農業や遊牧民、航海に関わる人たちが種まき時期や自分の位置を知ることから始まり、星を繋いで星座にして物語につながったのだと想像しています。

ちなみにあまり聞き慣れない星座もあります。

航海関連では、帆座、船尾(とも)座、羅針盤座、六分儀座、コンパス座など。

道具では、彫刻具座、彫刻室座、顕微鏡座、祭壇座、定規座、望遠鏡座など。

遊牧などの、犬や家畜の名前は数多くありますね。

酔った勢いでつけた、蝿(はえ)座ような名前もあります(笑)

※写真は白山市(旧松任市)付近から鶴来町方面をのぞむ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)

M20(三裂星雲)

M20img_3838

我が銀河系の中心方向のいて座にある、ガスが赤い光を放つ散光星雲です。銀河(天の川)の中に観えており沢山の星も写ります。

そのガス光を暗黒星雲がうねるように遮って、三つに裂けているように見えることから「三裂星雲」と言われています。

良く観ると4つに裂けている「四裂星雲」ように見えますが、当時の望遠鏡の分解能は3つに見えたのでしょう。

名付け親は天王星を発見した18世紀の天文学者で望遠鏡製作者のハーシェルだそうです。

[天体データ:天文年鑑2011]

距離:2200光年 大きさ:18×17光年

[撮影データ]

2011.07.05 2分露出×2枚 コンポジット処理 ノートリミング

高橋製作所EM200赤道儀+VixenR200SS鏡筒

コマコレクターレンズ3+光害カットフィルター

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

M27(アレイ状星雲)

M27img_3840

今日はジム休館日で久々に晴れており、6月3日以来に天文台を開けました。近くの野球場が22時過ぎまでナイターのため、準備をしながらぼんやり星空を眺めました。

この星雲は鉄アレイ状に観えるため、アレイ状星雲と呼ばれています。

こぎつね座にあり、1764年夏にメシエが発見した夏の代表的な星雲です。

周辺部分の赤色が写り易く、カラフルな写真になります。

[天体データ:天文年鑑2011]

距離:970光年 大きさ:2.26×1.13光年 写真等級:7.6

[撮影データ]

2011.07.05 3分露出×1枚 ノートリミング

高橋製作所EM200赤道儀+VixenR200SS鏡筒

コマコレクターレンズ3+光害カットフィルター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

萌芽[ほうが]

F1000162 F1000164

今日は能美の里山ファン倶楽部で里山整備作業でしたが、春に伐採したアベマキ[写真左]と朴[右]の切り株から芽が出ていました。萌え出る芽「萌芽」です。

薪の二酸化炭素排出量は、木が吸収した分を燃やして排出するので差し引きゼロなのですが、新芽が数株芽吹くので吸収の方が多くなるのではないかと思っています。

萌芽は老木より若木の方が多く出るそうで、生き物の摂理でしょうか。

かつては雑木は薪などで使われ、萌芽で株が増えて雑木林は再生可能エネルギー源として活用されていましたが、人間が手を入れない現在は里山は荒れてしまい、熊なども里まで下りてくるようにもなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »