« M20(三裂星雲) | トップページ | はえ座 »

2011年7月 7日 (木)

今日は七夕ですが・・

Dscf0008

加賀地方は、低く雲が垂れこめています。本当に七夕の日は雨が降る特異日ではないかと思います。

詳しく知っている訳ではありませんが、星座や星にまつわる話は見た目と違い、ドロッとした人間臭い物語だったりします。美談は七夕くらいしか知りません。

星にまつわる話は、かつて農業や遊牧民、航海に関わる人たちが種まき時期や自分の位置を知ることから始まり、星を繋いで星座にして物語につながったのだと想像しています。

ちなみにあまり聞き慣れない星座もあります。

航海関連では、帆座、船尾(とも)座、羅針盤座、六分儀座、コンパス座など。

道具では、彫刻具座、彫刻室座、顕微鏡座、祭壇座、定規座、望遠鏡座など。

遊牧などの、犬や家畜の名前は数多くありますね。

酔った勢いでつけた、蝿(はえ)座ような名前もあります(笑)

※写真は白山市(旧松任市)付近から鶴来町方面をのぞむ。

|

« M20(三裂星雲) | トップページ | はえ座 »

星空観望」カテゴリの記事

コメント

はじめて聞く星座の名前、
どんな形をしているんだろう…って想像しながら、読みました。
「彫刻室座」っていったい…(笑)
「蝿座」と付けた人は、
後々まで残るの、わかってたのでしょうか?(笑)

投稿: まめ蔵 | 2011年7月 8日 (金) 08時22分

まめ蔵さん こんばんは。
きっと人類が直立歩行を始めた頃から星を眺めていたと思うんです。
星の配列を眺めて物語にするのは娯楽であり、そんな時代がかなり長く続いたはずです。
そんな中から、変わり種の星座も生まれたのだろうと推測します(笑)
何故、蝿と付けたかは、事情がありそうで興味をそそられました

投稿: いっせい | 2011年7月 8日 (金) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は七夕ですが・・:

« M20(三裂星雲) | トップページ | はえ座 »