« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月28日 (水)

木星

201109272257

昨晩の加賀地方は終日快晴の予報でしたが、屋上へ上がると半分ほど雲がかかるものの、雲間から木星が顔を出していました。

太陽系最大の第5惑星で、約10時間弱の超スピードで自転しており約7%ほど扁平しています。

[写真データ]

撮影日時:2011年09月27日 22時57分~23時03分

撮影システム:西村製作所20cm反射望遠鏡(f1600㎜)+K12㎜+CCD(ToUCamPro)カメラ

画像処理:CCD画像2350フレームをスタック(RegiStax5.1)して、ステライメージで処理。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

M33銀河(さんかく座)

M33img_3969

一昨日撮影した、さんかく座にある渦巻き銀河(メシエ33)です。

NGC253は渦巻きを横方向から眺めていますが、これは上(下?)から観ています。

M33は我々の銀河系に比較的近いところにあります。

この銀河も数千億の恒星でできており、地球のような環境の惑星が存在しないことの方が少ないと思いますし、生物も居ないはずがないと思っています。

[天体データ:天文年鑑2011]

距離:260万光年 大きさ:5.4万光年×3.2万光年

[撮影データ]

2011.09.23 3分露出 ノートリミング

高橋製作所EM200赤道儀+VixenR200SS鏡筒

コマコレクターレンズ3+光害カットフィルター

キヤノンEOS kissDN ISO800

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

NGC253銀河(ちょうこくしつ座)

Ngc253img_3964_4

昨日は夕方になるにつれて雲が晴れてきたので、早くから天文台の屋根も開けて準備万端でした。

しかし夕飯前に雨が降り始めたので急いで屋根を閉めて、寝る前に空を見ると快晴で再チャレンジです。

透明度も良く祝日ということもあり、はくちょう座からカシオペア座付近まで天の川も見えています。

写真はちょうこくしつ座に見える銀河で、暗黒星雲が入り乱れた様子が写真にも写り易い銀河です。南の空低く見えるので、我が家からは年数回しか撮影チャンスはありません。

[天体データ:天文年鑑2011]

距離:1040万光年 大きさ:8.3万光年×2.1万光年

[撮影データ]

2011.09.23 3分露出 ノートリミング

高橋製作所EM200赤道儀+VixenR200SS鏡筒

コマコレクターレンズ3+光害カットフィルター

キヤノンEOS kissDN ISO800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

国際宇宙ステーションの日の出

Issimg_3937

今朝は4時過ぎに北の空を通過する、国際宇宙ステーション(ISS)を眺めて、古川飛行士と勝手に時間を共有しました(笑)

高い位置で地球の影からニューッと現れ、ISS船内では夜明けの瞬間です。

近くに輝く木星より少し暗い光体が静かに飛んでいき2分半程見えていました。

90分で地球を1周しているので、24時間中に何回も日の出に出くわしますし、地上のように曇る事無くいつも晴れ(?)なので特に感慨はないかも知れませんね。

カシオペア座から北極星の上を通過し、北斗七星で見えなくなりました。

Issimg_39372 画面内にはカシオペアと北極星が写っていますので、位置関係が解る線を入れてみました。

[撮影データ]

2011.09.23 04時20分~04時26分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

桑名宿

Dsc_0051 Photo

三重県桑名市は「その手は桑名の焼き蛤」とか言われ、木曽川、長良川、揖斐川の大河口があつまり、ハマグリはかつて程採れませんが、現在でもシジミ漁などが盛んです。

そのため、東海道の桑名宿と宮宿(名古屋市熱田区)間の七里が海路となっていました。

伊勢の国の入り口でもあり、桑名に伊勢神宮の一の鳥居が設けられました。

鳥居のある七里の渡跡付近には、往時の面影が残る風情の有る町並みが残っています。

Dsc_0042 水郷らしく水路が発達しており、桑名らしい景色です。

Dsc_0055 七里の渡前には、大きな揖斐川河口が広がります。

写真と反対の川下方面には、長島スパランドのコースターも見えます。

これからの季節は、のんびり川岸からのハゼ釣りに良いところです。

Dsc_0053 晴れると30kmほど離れた、名古屋駅前の高層ビルも見ることができます。

我が家も23年間お世話になった桑名ですが、年内に石川県へ引っ越す予定なので桑名メモリアルLogです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

伝染病検査

Dsc_0025 Dsc_0027

今朝の9時から、県の家畜保健衛生所から年2回のミツバチの法定検査に来られました。

朝から30℃の中、汗だくでベランダ2群、屋上の2群の伝染病検査です。

私が準備し始めた7:30~検査終了の10時頃までに飛来し、仕留めたオオスズメバチは19匹で時々中断しながらの検査でした。

4群とも異常無しで、検査費用が110円×4群=440円也。

人間もこの位の診察料だといいんですけどねぇ(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

昇るオリオン

Img_3930 22時前に窓を開けたままウトウトしてしまい、寒くて目が覚めると1時前。

空を見ると、月が天頂付近で裸電球を燈したように輝いています。

東の山裾からオリオン座の雄姿が昇ってくるところで、星空は一足早く晩秋の気配です。

真ん中の「三ツ星」の右側の星は天の赤道上にあるため、真東から昇ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

「お月見ちょうだい」

石川県加賀地方の今夜の天気は[名月ときどき薄曇り]です。

三重県桑名市(一部?)では、中秋の名月の日は子供たちが楽しみにしている「お月見ちょうだい」の日でもあります。

辺りが薄暗くなると子供たちが近所を「お月見ちょうだい!」といって回り、用意してあるお菓子などを貰って回ります。

月見のお供えを失敬した名残とも言われ、「お月見泥棒」と言う所もあるようです。

ドアを少し開けておくと子供たちが元気良く「お月見ちょうだい」と言って玄関に用意したものを持ち帰ります。

今年の我が家はスポーツドリンク24本他を用意していたそうですが、さっき聞いてみると完売だそうです。

子供たちは実績のある家を優先的に廻る作戦も考えているようです。

九州から越してきた時は何のことか分からない風習で驚きましたが、子供が大きくなった今でも我が家の初秋の行事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

明るいうちから準備万端?

Photo 今朝は金沢の近江町市場でモーニング寿司(?)で、昼前に家へもどりました。

今日の加賀地方は真夏のように暑いですが良い天気です。

まだ日も高い16時過ぎに望遠鏡をセットして日没待ちです。

満月前の月明かりが邪魔ですが、透明度が良いので星空散歩の予定です。

まだ早いので近所の温泉に浸かってきます。

※左の望遠鏡は昭和47年に購入した、京都の西村製作所製20cm反射赤道儀望遠鏡で、まだまだ現役です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

ペルセウス座二重星団

Img_391020110906 天の川の中にあり、宝石をちりばめたようにきれいな二重星団です。

私などは気品とか気高さのようなものも感じてしまいます。

今の季節は、22時頃にカシオペア座などとともに北東高く見えています。

肉眼で確認できますし、双眼鏡では写真のように見えて、星々の色の対比も楽しめます。

[天体データ:天文年鑑2011]

距離:7330光年 大きさ:77光年

[撮影データ]

2011.09.06 3分露出×1枚 ノートリミング

高橋製作所EM200赤道儀+EOSkissDN+スーパータクマーレンズ300mm(f5.6)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

彗星らしくなってきたぞ!

Img_390720110906 昨日から出張で、福岡~小倉~大阪を回りましたが、何処もスーツを着ていてもそんなに暑くない天候でしたが、石川県に帰ると寒いです。

月が西空に残っていましたが、月明かりの中でも天の川が見える程透明度が良いので、ギャラッド彗星のその後を撮影しました。

青く輝きを増して尾もはっきりし、彗星らしい姿になってきています。

[撮影データ]

2011.09.06 22h13m~2分間露出(ISO800) ノートリミング

高橋製作所EM200赤道儀+EOSkissDN+スーパータクマーレンズ300mm

※画像中央付近の赤線中央が彗星です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »