« 働き蜂、雄蜂、オオスズメバチ | トップページ | 炉台 »

2011年10月 5日 (水)

まったりした夜なべ

Dsc_0106

今晩はジムも休みで19時前に帰宅し、雨模様なので天気も気にしなくていい夜です。

今年は良いミツロウが沢山採れたので、暇にまかせてハンドクリームとリップクリーム、それにキャンドル数種を作りました。

ミツロウに混ぜ物をしないでキャンドルを作っても大きさや形状が適当でないと上手く燃えてくれません。コツは「小さく細く」つくることでしょうか。小指の先程の大きさでも30分以上燃え続けます。

今まで自分ではそんなに使いませんでしたが、寒い季節になったら自分でも使おうと思っています。

|

« 働き蜂、雄蜂、オオスズメバチ | トップページ | 炉台 »

身のまわりの出来事など」カテゴリの記事

コメント

良いですね^^手作りのキャンドル。
ブラウンの小さめのが 小指サイズのキャンドルですか?
チビちゃんなのに30分も頑張りますね。
小さく細く。。。だと
お誕生日ケーキのキャンドルは作れますか?
あんなに細い型が無い・・・かな?
ストローじゃ溶けちゃうだろうし。

投稿: あたし | 2011年10月 5日 (水) 23時33分

ヨーロッパはミツロウを採取するために、ミツバチを飼っていると書かれているのを事があります。
デンマーク(ヨーロッパ?)では、芯にミツロウ板を巻いてローソクを作るそうなのですが、太さも長さも自由に出来ていいのですが、自分でミツロウを薄い板状にするのが難しいです。
誕生日キャンドルは熔けたロウに芯を何回も浸けて適当な太さにするらしいのですが、これも結構根気がいるので、私向きではありません(笑)
太目のストローはいいアイデアかもしれませんので試してみます。

投稿: いっせい | 2011年10月 6日 (木) 08時00分

ほぅ~
ミツロウから、ハンドクリームとリップクリームもできるの?
高級ブランド品として商品化したらいかがかしら

ミツロウのロウソク、暖かい灯りですね

投稿: tuba姐 | 2011年10月 6日 (木) 19時30分

tuba姐さん こんばんは。
ミツバチのお腹にあるロウ線から分泌されて、これで巣を作っています。
蜜しぼりをすると巣屑が沢山出ますが、これをお湯に溶かすとミツロウが採れます。(2011/8/28のlogご参照)
ミツロウに天然由来のオイルとエッセンシャルオイルで香りを加えると保水性のいいスペシャルクリームやアロマキャンドルが出来上がりです。
口に入れても安全なものですので、リップケースに入れればリップクリームです。
販売するとなると薬事法の厳しい制限があるようなので、家族で使ったり人にあげたりして愉しみます。
ミツバチは偉大なりですね。

投稿: いっせい | 2011年10月 6日 (木) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まったりした夜なべ:

« 働き蜂、雄蜂、オオスズメバチ | トップページ | 炉台 »