« 無農薬証明付き野菜? | トップページ | 金環日食 »

2011年11月29日 (火)

風呂敷

Dsc_0038

引越し荷物を入れるため実家を整理中に、珍しいものがいくつか出てきました。

写真の加賀友禅の風呂敷やふくさ(袱紗)、花嫁のれんなどなど。

この座布団のような物に、おめでたい時に配る赤飯などの重箱を載せ、風呂敷で包み、ふくさ(袱紗)を掛けて持参するのだそうです。

大正時代の北陸(加賀藩エリア?)では一般的な慶事の作法だったそうです。

花嫁のれんも2枚出てきましたので、虫干しを兼ねて日常使いをしようと思っています。

花嫁のれんはふすま2枚分の大きさで、写真も撮らなかったので、春に掛けたらアップいたします。

|

« 無農薬証明付き野菜? | トップページ | 金環日食 »

身のまわりの出来事など」カテゴリの記事

コメント

花嫁のれんって
ほんとにあるのですねぇ。

いま・・・・お昼のドラマで
よくでてくるので・・・

すてきな文化。
美しいですし。なにやら 風格も感じます。
良き文化 残っていくと良いですね。
良いもの見せていただきました。

有難うござます。
お引越しつかれが でないと良いですねっ!

投稿: るぅ | 2011年11月29日 (火) 09時35分

前の方も 花嫁のれんが気になったようですね。
私も 花嫁のれん(ドラマ)を観ています。
とても伝統と格式のあるものの様に感じます。
どうぞ大事になさって下さいね。

投稿: あたし | 2011年11月29日 (火) 21時03分

るぅさん、あたしさん こんばんは。
袱紗も写真は撮りませんでしたが、座布団くらいの大きさで金糸も入った代物でした。
石川県で花嫁のれんは、お嫁入りの日に仏間の入り口に掛けて、以後はお祝い事にも使うようです。
赤い派手な1枚は知っていましたが、もう1枚涼しげな空色ののれんも見つかりましたので、春と夏に掛けようと思います。
虫食いに注意しないといけないですね。

投稿: いっせい | 2011年11月29日 (火) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風呂敷:

« 無農薬証明付き野菜? | トップページ | 金環日食 »