« 環状星雲(メシエ57) | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »

2012年7月29日 (日)

亜鈴状星雲(メシエ27)

M27img_4296

25日に撮った天体の最後は、こぎつね座の亜鈴状星雲(メシエ27)です。
これも星の爆発で現在もガスが拡がっている星雲で、形状が鉄アレイに似ていることから、そう呼ばれています。
4千年ほど前に爆発したものと推定されています。
望遠鏡に付けたカメラのファインダーからも天体が確認出来て、大きく見栄えもしますので撮影し易い天体です。

[天体データ:天文年鑑2012]
距離 970光年 大きさ 2.26光年×1.13光年 写真等級 7.6等星

[撮影データ]
2012.07.25 3分と5分露出の2枚コンポジット処理 ノートリミング
高橋製作所EM200赤道儀
VIXEN/R200SS望遠鏡(反射鏡径200mm/焦点距離800mm)
キヤノンEOS kissDN ISO1600

Mainphoto12movie ほっと石川 旅ねっと http://www.hot-ishikawa.jp/

|

« 環状星雲(メシエ57) | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »

星空観望」カテゴリの記事

コメント

エメラルドグリーンに輝いて見える美しい星雲ですね
4千年も前に爆発して、そのままの状態を保っているのでしょうか?
時が来たら、また、星になれるのでしょうか?

宇宙のことは分からないのですが、夜空を見上げる楽しみが増えました☆☆☆

投稿: tuba姐 | 2012年8月 1日 (水) 17時09分

tuba姐さん こんにちは
暑い日が続きますね
この星は3~4千年前に爆発して生涯を終えたのですが、その時放出されたガスが輝いています。
よって、まだまだ拡がっているので、千年単位程で眺めれば形状は大きくなっているはずです。
どんな形に変化しているんでしょうね。

投稿: いっせい | 2012年8月 1日 (水) 17時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亜鈴状星雲(メシエ27):

« 環状星雲(メシエ57) | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »