« 明け方の東の空 | トップページ | 贅沢な一日でした »

2012年12月14日 (金)

ふたご座流星群

20121213img_4788

13日~14日に掛けてふたご座流星群の出現ピークがあります。今年は月明かりも無く最高の条件です。
ふたご座の○印付近から全天に飛び出すように流れ星が見えることから「ふたご座流星群」と呼ばれています。
19時頃から5時間程写真を撮りながら眺めていましたが、20個ほど確認できました。

20121213img_4747 流れ星はどこに出るかわからないので、鶴来の地平にカメラを向けてシャッターを開放したままにしておきました。
いくつかは写野に流れましたが、暗かったりで写っていませんでした。
Mainphoto12movie ほっと石川 旅ねっと http://www.hot-ishikawa.jp/

|

« 明け方の東の空 | トップページ | 贅沢な一日でした »

星空観望」カテゴリの記事

コメント

ふたご座流星群、映像には、映らなかったのですかぁ~
残念。
ふたご座とオリオン座の形がわかりました☆☆

☆   ☆
 
 ☆☆☆

☆   ☆ 

↑これがオリオン座だと思ってました。
なるほど・なるほど・・・のオリオン座でした(^^ゞ

投稿: tuba姐 | 2012年12月14日 (金) 14時59分

tuba姐さん こんばんは
オリオン座は1等星が2つもあって華やかな星座です。
狩人で右手にはこん棒、左手には革の盾を持っている姿です。
先人は星の配列と物語に合うように姿を想像していたのでしょうか。

投稿: いっせい | 2012年12月14日 (金) 22時36分

ベランダで見てて1つ見たけど、各地の天文台つなぐサイトみつけてみてたら 4個くらい見れたよ

投稿: まぶちょん | 2012年12月15日 (土) 00時41分

まぶちょんさん こんばんは
最後は寒くて、天文台の中から窓越しに眺めていました(笑)
そこそこ数はありましたが、暗い流星の割合が多かったですね。
数百年に亘り同じ日に、同じ所から流れ星が流れるなんて理屈抜きで神秘的ですよね。

投稿: いっせい | 2012年12月15日 (土) 22時29分

私もオリオン座って 2-3-2 の並びで出来た形だと思ってました。
この形は空を見上げると直ぐに見つかりますよね。

ふたご座流星群は 消える前に一番明るくなる
と聞きましたが・・・
私は寒さに負けて実物は見られませんでしたが
もし見たとしても東京の空だと明るくて
検証はできなかったかもしれませんね

投稿: あたし | 2012年12月15日 (土) 22時48分

あたしさん こんばんは
大田区の友人は、散歩しながら数個みたそうですが、とても寒かったそうです。
星の見づらい所で眺めていても、寒くて根気が続かないですからね。
私も夕方からは車で出掛けて山あいの古墳の天辺で眺めていましたが、風が強く家に戻りました。

投稿: いっせい | 2012年12月15日 (土) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふたご座流星群:

« 明け方の東の空 | トップページ | 贅沢な一日でした »