« 水星のあとはパンスターズ彗星 | トップページ | パンスターズ彗星 »

2013年3月 6日 (水)

待ちに待った快晴

M65m66

昨日は朝から今年初めてではないかと思う快晴で、夜半まで続く予報でした。
月も2時前まで昇らないので夜を愉しみに待ちました。
19時から近所の丘陵公園の雑木林の中や放牧場で、南中するオリオンや東から昇る北斗七星やしし座など春の星を撮影しました。
22時過ぎに帰宅して、2時頃まで望遠鏡で眺めて久々に思う存分星を眺めることが出来て幸福な一日でした。
いよいよ10日過ぎからはパンスターズ彗星が日本でも夕空にお出ましです。

[写真データ]
しし座の後ろ足付近にある銀河群です。
M65/M66/NGC3628と名づけられています。
距離は2700万光年の遥か彼方ですが、意外に写真写りがいい銀河です。

Mainphoto12movie ほっと石川 旅ねっと http://www.hot-ishikawa.jp/

|

« 水星のあとはパンスターズ彗星 | トップページ | パンスターズ彗星 »

星空観望」カテゴリの記事

コメント

2700万光年!?
想像できないくらい遠い星の光を観れることが不思議です
夜空の天体ショー、見事ですね

時間を忘れて深夜まで星をながめている いっせいさんの姿が想像されますよぅ~
少年の頃から、ずぅ~っと変わらないンでしょうねぇ~

アタシは、いっせいさんの映像で大満足ですぅ~(* ̄ー ̄*)

投稿: tuba姐 | 2013年3月 7日 (木) 09時06分

tuba姐さん こんばんは
想像できないくらい遠いですね。でもビッグバンで爆発して宇宙は拡がっていますが、人間は宇宙ができた頃の百億光年超先まで観測しています。凄いですねぇ。

投稿: いっせい | 2013年3月 7日 (木) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 待ちに待った快晴:

« 水星のあとはパンスターズ彗星 | トップページ | パンスターズ彗星 »