« ムクドリ被害 | トップページ | ミツロウ(蜜蝋)キャンドル »

2020年7月23日 (木)

東京大学 木曽観測所

木曽にある、東京大学木曽観測所のシュミット望遠鏡と、この望遠鏡で全天を捜索する動画カメラ

「Tomo-e Gozen」(巴御前)システムを見学する機会があり、お訪ねしました。
1974年にこの望遠鏡が出来て、雑誌などで写真を見るたびにワクワクしたのを思い出す。
当時はガラス乾板でしたが、CCD→超高視野CMOSカメラと進歩を遂げてきている。

1mを超える現役シュミットは世界で4台だけだそうである。
設置当時は、この大望遠鏡を2時間にも及ぶ手動ガイドをしたり、CMOSセンサーの隙間を補完する

パノラマ化ソフトウェアもオリジナルだそうで、興味深くお聞きした。


まさか、実機を拝見したり説明を直接お聞きできるなんて、妄想だけかと思っておりましたが、感激の2日間でした。

 

1_20200723185201

105cmシュミット望遠鏡ドームー 場所: 東京大学木曽観測所

 

2_20200723185201

フォーク架台のシュミット望遠鏡鏡筒。
バランスも良く、クランプを外すと手で振れるそうです。
ー 場所: 東京大学木曽観測所

 

3

 

 

4

 

5

シュミット望遠鏡の入光口(105cm)側から覗いた望遠鏡内部。
十字の中央に見える黒い部分(焦点面)の反対側に、キヤノン製35mmフルHD CMOSセンサーが84枚貼り付けられている。
整然と貼付けられているCMOSセンサー84枚が、一番奥の主鏡に映っているのが良く分かる。

 

6

シュミットのドームに掛かる夏の大三角。

撮影日時 2020/06/23 20:34:58
カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 25.5
Av(絞り数値) 3.2
ISO感度 6400
レンズ TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD A012
焦点距離 15.0mm
撮影地 東京大学 木曽観測所

 

|

« ムクドリ被害 | トップページ | ミツロウ(蜜蝋)キャンドル »

星空観望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ムクドリ被害 | トップページ | ミツロウ(蜜蝋)キャンドル »