独標下で登ってきた来た方を振り返ると、焼岳、御岳とともに
左下方に上高地が望めます。