穂高連峰の北端にあり、黒っぽい岩肌は重量感があり、鋭利な穂先が存在感を示します。