こいつが犯人でした!
2005年2月2日早朝に、これまで経験した事の無いミゾオチ付近の激痛で目が覚めました。
数年前から人間ドックで指摘されていた胆石発作で、胆嚢切除手術をうけました。
胆嚢は胆汁を濃縮し、十二指腸に流しますが、胆嚢が無くなると胆管がガンバリ、4ケ月程でその機能を代替するのだそうです。
健気な臓器です。
この1週間ほどの入院中に、あっけなく禁煙ができて、有意義な入院となりました。