8月に胸苦しさがあり喉がイガイガするため、会社近くのお医者さんへ行くが治らず大学病院を紹介される。
検査の結果、狭心症とのことで手術を前提の入院をし、カテーテル手術を行いました。
冠動脈が完全閉塞しており、九死に一生を得ました。
2004年8月認可の薬剤塗布ステントを5本も入れました。(図の場所に留置)
手術後は止血すれば歩ける状態で、何よりビックリなのは直後から普通の生活が出来ることです。
生活習慣病なので、体重コントロールしています。
http://www.jnj.co.jp/jjmkk/dr/cypher/k_cypher.html